東北新幹線(とうほくしんかんせん=Tohoku Shinkansen)に乗り、東京駅(Tokyo Station)から北へ約500km、
北上駅(Kitakami Station)に着きます。
北上市は、工業・農業どちらも盛んな、活気(かっき=Lively)のある都市です。

北上駅から西に約20km、山奥(やまおく=Deep in the mountains)に、夏油温泉(げとうおんせん)があります。
夏油温泉は大変に古い温泉で、9世紀に発見されたと言われています。
冬は雪がとても多いので、夏油温泉に行く道路は、通行できなくなります。
毎年5月に道路が開通すると、11月までの期間、温泉に入り、旅館に宿泊することができます。
ですから、夏油温泉は、“半年だけの温泉”というわけです。

旅館に長く宿泊して、毎日温泉に入り、体の疲れを取ったり、良くないところを治すことを、湯治(Touji)と言います。
湯治の客が集まる温泉のことを、湯治場(Toujiba)と呼びます。
21世紀に入り、湯治場は少なくなりましたが、今も東北地区には湯治場が数多くあります。
夏油温泉は、昔ながらの(Old-fashioned)、有名な湯治場です。

《元湯夏油》は、夏油温泉を代表する旅館です。「元湯(Motoyu)」とは、「Origin of hot spring.」という意味です。
《元湯夏油》には、全部で7の風呂(ふろ=Bath)があります。5は露天風呂(ろてんぶろ=Outdoor Bath)です。
露天風呂は、底から直接に温泉が出ている、大変に珍しいものです。

《元湯夏油》は、“自炊(じすい=Self cooking)”をして宿泊することもできます。
調理器具(Cooking utensil)・食器(Tableware)は、旅館が貸してくれます。寝具(Bedding)などは、少しお金を払います。
食事の材料は自分で持って行くのですが、売店(Stall)で買うこともできます。
“自炊”は、隣の人と料理を交換したり、楽しい宿泊のスタイル(Style)です。
 
自然がいっぱいの景色(けしき=Scenery)を楽しみながら、温泉に入る。
山の中のおいしい空気を吸いながら、温泉に入る。
川のせせらぎ(Murmuring)を聞きながら、温泉に入る。
川岸の露天風呂は、実に(じつに=Indeed)気持の良いものです。
夕食のお酒は、いつもよりおいしく感じますので、飲みすぎに気をつけて下さい。

【注意】
山奥なので、【携帯電話】では通信ができません。
元湯夏油は【衛星電話】を使用しています。
テレビ(Television)は、ありません。

岩手県 北上市 和賀町 岩崎新田1-22 (〒024-0322)

元湯夏油Website
⇒http://mizuki.sakura.ne.jp/~geto/


☆夏油温泉の手前、数キロメートルの所に、<夏油高原スキー場>があります。
げとう高原スキー場Website
⇒http://www.geto8.com/

< Welcome to Kitakami City ! > Kitakami City Website
⇒http://www.city.kitakami.iwate.jp/english/
⇒http://www.city.kitakami.iwate.jp/china/
⇒http://www.city.kitakami.iwate.jp/korea/

0024