世界で一番多く食べられている、りんごの品種(ひんしゅ=Cultivar)は“ふじ”です。
“ふじ”は大変においしいりんごで、世界中の人に親しまれています。
甘味(Sweetness)と酸味(Acidity)のバランス(Balance)がとても良く、
果肉がしっかりしているので、収穫から長期間おいしく食べられます。

“ふじ”は、青森県の藤崎町(ふじさきまち)で生まれました。
その開発には20年以上もかかり、1962年に品種登録されました。
“ふじ”が生まれて半世紀(はんせいき)です。

青森県は日本一のりんご生産地で、りんご王国(Apple kingdom)とも呼ばれます。
その中でも、弘前市(ひろさきし)が1番の生産量を誇っています。
板柳町(いたやなぎまち)では『りんご条例』を制定して、品質の高いりんごの生産に
取り組んでいます。
りんご農家の人たちは、大切に大切にりんごを育てています。

“ふじ”の出荷時期は、11月~3月です。
毎年、青森県から日本中そして世界中に、最高においしいりんごが送り出されます。
さあ、おいしい“ふじ”を召し上がれ!!!


りんご王国=青森県

Apple University Website (English/Chinese)
⇒http://www.ringodaigaku.com/english/

●板柳町Website
⇒http://www.town.itayanagi.aomori.jp/

●“ふじ”発祥の地(Birthplace)・藤崎町Website
⇒http://www.town.fujisaki.lg.jp/index.cfm/6,0,13,226,html

りんご王国・弘前市Website (Japanese/English)
⇒http://www.ringo-kingdom.com/


0017