鳥潟家(Torikata Family)は大館市の旧家(きゅうか=長く続いてきた良い家庭)です。
鳥潟家からは、色々な分野(ぶんや=Field)で、優れた人が現(あらわ)れました。
鳥潟家の日本庭園と邸宅(ていたく=りっぱな家)は、とても趣(おもむき=Excellent taste)
のあるものです。
茶室は二つ、庭園内と邸宅2階に拵え(こしらえ)られています。
現在は、大館市が管理する《鳥潟会館(Torikata Family Estate)》として、
自由に見ることができます。
案内の人が、建物(たてもの)や庭園の解説をしてくれます。
見学は無料です!!!

《鳥潟会館》 秋田県  大館市 花岡町 字 根井下156 (〒017-0005)

■休館日(Closed)
●毎週、月曜日(Monday every week)
 (月曜日が祝・休日の場合は開館 し、翌日休館)
●年末年始(12月29日~1月3日)

【鳥潟家の人々と鳥潟会館】
大館郷土博物館(おおだてきょうどはくぶつかん)Website
⇒http://odate-city.jp/museum/information/relation/torigata

◎鳥潟会館をはじめ、大館市の公共施設の多く は、
旅行者や市民のために、無料の無線LAN(Free Wi-Fi)が使用できます。

大館市役所(Odate City Office)Website
⇒http://www.city.odate.akita.jp/
携帯電話(けいたいでんわ=Mobile telephone・Cellular telephone)は便利です。
21世紀に入って、世界中で急速に普及しました。
「携帯電話がなくては生きて行けない!」と言う人もいる位に、
毎日の生活に溶け込みました。
現代のビジネスにおいては必需品(ひつじゅひん=なくてはならないもの)です。
今の携帯電話は、掌(手のひら)に乗るほど小型です。

あたりまえですが(=naturally)、携帯電話は無線電話(Radiotelephone)です。
無線電話は大館市に生まれた鳥潟右一博士(Dr. Torikata Wichi 1883-1923)が
発明しました。
TYK式無線電話機(ティーワイケーしき むせんでんわき)です。
これが世界で最初の無線電話機です。
今から100年以上も前の、1912年のことでした。鳥潟右一は29歳の若さでした。

1915年に、東京と上海(Shanghai)の間で、TYK式無線電話機を使って会話
(かいわ)し、世界を驚かせました。
鳥潟右一は、現代の無線通信技術の基礎を作りました。
TYK式無線電話機は、情報通信研究機構(東京都 小金井市)で
保存されています。

【TYK式無線電話機について】
情報通信研究機構Website
⇒http://www.nict.go.jp/info/topics/2012/03/announce120301.html
写真: ウィキメディア・コモンズ から

0010
写真:情報通信研究機構