日本の国花は桜(さくら=Cherry-blossoms)です。
春は日本中(にほんじゅう)が桜の花でいっぱいになります。
少し詳しく説明すると、沖縄で1月に咲き始める桜の花は、だんだん北に移動して行き、
北海道で桜の花が咲くのは5月です。
山形では、4月に桜の見頃(みごろ=Best time of blossoms)を迎えます。
桜の実(み)のことを”さくらんぼ”と呼びます。名前の響き(ひびき)がかわいいでしょう?
”さくらんぼ”を食べると、舌(した=Tongue)が紫色になります。

店に並ぶ”さくらんぼ”は、実桜(みざくら Prunus avium L.)という専用の品種です。
実桜は、”桜桃(おうとう)”とも呼びます。
舌は紫色になりません。
山形県は日本一の”さくらんぼ”の産地で、日本の”さくらんぼ”の70%が山形県で生産されています。
特に、”佐藤錦(さとうにしき)”は、”最高級さくらんぼ”の代名詞(だいめいし=Pronoun)に
なっています。
”佐藤錦”は、東根市の佐藤栄助さん(Mr. Satou Eisuke)が、
16年間の品種改良で
作り出しました。

寒河江市では、”紅秀峰(べにしゅうほう)”という新しい品種の栽培に力を入れています。
”佐藤錦”に勝るとも劣らない、とても甘くてジューシー(Juicy)な”さくらんぼ”です。
東根市と寒河江市は、困ったことに、両方が”さくらんぼ日本一”を名乗っています。
でも正しくは、両方が”さくらんぼ世界一”なのです。
山形の”さくらんぼ”は、かわいくて最高に美味しい(おいしい)果物(くだもの)です。
出荷(しゅっか)の最盛期(さいせいき=The season)は6月です。早く食べたいなあ。

山形県 東根市・寒河江市

《日本一のさくらんぼ》
東根市(ひがしねし)Website

⇒http://www.city.higashine.yamagata.jp/663.html

《さくらんぼのコーナー》
さがえ西村山農業協同組合
(さがえにしむらやまのうぎょうきょうどうくみあい)Website
⇒http://www.ic-net.or.jp/home/jasagae/tokusan/c_cherry/c_cherry.html

“おいしい山形(Delicious Yamagata)”Website (Japanese/English/Chinese/Thai)
⇒http://www.yamagata.nmai.org/

0009
Flower-Nagai-Line
Seeing cherry blossom is enjoyed
Mr. Satou Eisuke
Cherry flower